筋トレダイエット


トップページ ⇒ ダイエットの基本 ⇒ ダイエット計画の概要設定 ⇒ 筋トレを行なう


ダイエット

筋トレダイエットの根拠、方法と問題点

08.低インスリン法 ←|→ 10.骨盤調整法

この方法は痩身エステでも行われています。

マシンで強制的に深層筋を鍛える方法です。強制的に運動をさせています。

 ◆ 筋トレダイエットの根拠 ◆

1.ダイエットとは言えませんが、基礎代謝を上げるという点で良い方法。
但し、筋トレは無酸素運動がほとんどで、脂肪燃焼効果は余り無い。

2.筋トレで筋肉量を増やすと、それだけで基礎代謝が上がる。基礎代謝は全代謝の70%。

3.ダイエット(痩身)中にもやつれてしまわないために有効なのが筋トレ。
筋トレで引き締まった筋肉がプロポーションを維持。

4.筋トレで筋肉が引き締まり、体の引締め効果が期待できる。



 ◆ 筋トレダイエットの方法 ◆

1.腕立て伏せや腹筋、背筋、スクワットなど筋トレを行う。

トレーニングジムに通ったり、家で行ったり出来ます。
出来たら指導を受けて行う方が良いです。自己流筋トレだと腱を傷める場合があります。


2.筋トレは、少なめな負荷で、ゆっくりと時間をかける動作が良い。

   筋トレには激しい動作よりは、ゆっくりした動作で負荷をかけるのが良い方法です。
腹筋運動は、膝を立てて、お臍が見える程度にユックリ行えば充分。
スクワットも1日50回、1回5〜8秒のユックリ負荷に効果があります。






◆ 筋トレダイエットの問題点 ◆

筋トレには脂肪燃焼効果は無い

問題点というより、筋トレが直接的なダイエットではないという事です。
しかし基礎代謝を上げる事ができて太りにくい体を作る事が出来ます。

基礎代謝は全代謝の70%も占めているので、基礎代謝を上げるのは有効です。
また筋肉は代謝の20%を占めます。

筋肉を付けて基礎代謝を上げておいてから、有酸素運動によるダイエットが効果的です。
勿論、食事内容も見直します。

筋トレでどんどん痩せる、と言う事は起こりません。


健康面から見ても適度な筋トレは有効です。