理想体重なのにダイエット願望女性は悩む


痩身エステを比較 ⇒ ダイエットの基本 ⇒ 理想体重


ダイエットの基本

女性の願望体重は理想体重より少ない

ダイエットの基本 ←|→ 脂肪の合成と分解

ダイエットを達成した女性は「それでも、もっと痩せたい」と言う妙な悩みを持っているというデータが有って
大変な驚き!その前に、ダイエットを邪魔する、太る原因について・・・。




■ 太ってしまう一番の原因 ■

一言で表現すると食べ過ぎ。これでは無理。

消費カロリーに対して摂取するカロリーの方が多いと、余分なカロリーが脂肪として蓄えられる。飢餓時に備える為の身体の仕組み。

ダイエットして筋肉が落ちて代謝量が減った場合には、達成前と同じ様に食べていると太る。消費カロリーが減った分、摂取カロリーを減らすか、運動して消費カロリーを増やすかのどちらか。


ダイエット1 ■ 運動で落とせる脂肪量 ■

 参考までに、主な食品のカロリー。
 ・ご飯1杯(100g):142kcal
 ・日本酒1合:190kcal
 ・ビール小缶:150kcal
 ・グラスワイン:70kcal
 ・ショートケーキ:300kcal前後
 ・砂糖大さじ1:50kcal(グラニュー糖)
 ご飯1杯に匹敵する運動:つまり142kcalを消費する運動量は以下の通り。
 ・散歩:53分
 ・ウォーキング :40分
 ・早ウォーキング:34分
 ・サイクリング :24分
 ・平泳ぎでの水泳:13分

ご飯1杯を運動で落すにはこんなに大変なんです。だから、ダイエット管理では食事管理した方がズ〜っと楽。


さらに運動で達成したいなら、有酸素運動して赤筋を使って脂肪を落とす必要あり。
これを踏まえると、効果的な方法がわかる。
又、赤筋は割と深くにあり、瞬発力はでないが、持久力があるのが特長。

また、有酸素運動(息がきれない位の軽い全身運動)でないと赤筋が脂肪細胞をエネルギーとして使用出来ないという性質。
つまり、ダイエットに挑戦するなら、赤筋を使う有酸素運動が効果的ということ。


■ スプリントはダイエット出来ない ■

瞬発力は白筋が関与していますが、白筋は脂肪細胞をエネルギー源とはしません。

だから、ダイエットはスプリントでは無理。挑戦する時は、同時に食生活も見直した方が早い。ショートケーキ1個分をダイエットするには2時間も散歩が必要。


■ 食べてすぐ寝ると太る ■

簡単に言うと、インスリンの分泌が就寝前に増える為。だから、食べて直ぐに寝ない様に!
血糖を脂肪細胞に取り込むにはインスリンが必須になるため。


夜寝る前には副交感神経がはたらいて血中インスリンが上昇している状態。
だから、食べてすぐ寝ない!


■ 理想の標準体重判定法 ■

 @体重による肥満の診断
  BMI(「体重÷(身長×身長)」)で判断する方法
ダイエット2    ・18.5未満:低体重
   ・18.5以上25未満:正常
   ・19  女優体重
   ・20  美容体重(理想体重)
   ・22  理想的な健康体格
   ・25以上は数値によりランク付けされる肥満


 A体脂肪率による肥満の診断
    ・男性:15%〜19%:正常
    ・女性:20%〜25%:正常


 B内臓脂肪レベルによる肥満の診断
 日本肥満学会肥満症診断基準検討委員会による基準。


 C腹部肥満
 女性90cm以上、男性85cm以上で肥満とされるが、科学的根拠が無いとも言われている。


でも、女性は「もっと痩せたい」と思っている


■ 女性のダイエット願望の弊害 ■

痩い=美しい、という意識が雑誌やTVで植え付けられているのが1原因。一種のマインドコントロール。興味深い願望調査結果です。

ダイエット3  体重別に見た志向。BMIで計測。
 ・痩せたい:74%:実際のBMIは20.7
 ・このまま:23%:実際のBMIは18.8
 ・太りたい:03%:実際のBMIは17.5


20.7は極めて理想で、ダイエット挑戦不要。もうちょっとで痩せすぎ部類の値。なのに、「もっと痩せたい」と願望している人達が74%もいるんですよぉ!


■ 女性の方が体脂肪判定基準が高い理由 ■

女性にとって脂肪が重要な働きをする為、男性より高い判定基準。
女性の体内にも男性の特長を発現させるアンドロゲンと言うホルモンがあり、アンドロゲンが働けば女性らしくなくなってしまう。体脂肪はこのアンドロゲンをエストロゲンに変える作用を持っている。

エストロゲンは女性の性機能に重要。たとえば、正常な生理の発現と維持には17〜25%の体脂肪量が必要。


■ 体脂肪の重要な役割 ■

クッションの役目、エネルギー貯蔵、タンパク質節約、体温調整、女性の生理などに重要。

1番目の役割はエネルギー貯蔵。身体の中には蛋白質、糖、脂肪の形でエネルギーが蓄えられています。

脂肪は15〜20kg。これに貯蔵されたエネルギーは、ざっと13万kcal。
生きる為の最低必要カロリーはざっと、1200kcal。

脂肪には140日分のエネルギーが貯蔵されている計算。

糖質は運動で直接消費され、1日3度ゴハンで補給。蛋白質は筋肉・骨などに必要な為、緊急時以外はエネルギーと使用されません。

安定したエネルギーを貯蔵し供給しているは実は脂肪。


2番目の役割はタンパク質節約。蛋白質がエネルギーとして使われてしまうと、筋肉・骨・酵素・ホルモン・ヘモグロビン等の重要なものの合成に回せなくなる。

だから、蛋白質がエネルギーとして使われるのは、ホントに緊急事態の時だけ。


3番目の役割は、体温調整。放熱と産熱のバランスを保つ働き。
寒い時は放熱を防ぎ、熱い時は外気温を伝えない様にしています。褐色脂肪細胞がやっています。


■ 脂肪の基本数値と、男女差 ■

 ・脂肪細胞数:250〜300億個
 ・細胞直径:およそ1万分の1mm
 ・細胞1個の重さ:女性0.5μg、男性0.35μg。
 ・思春期の脂肪量:女性 7kg、男性 6kg。
 ・中年時の脂肪量:女性12kg、男性10kg。
 ・60代の脂肪量:女性17kg、男性15kg。

女性の方が1個が重く、増え続けることも特長です。男女差ですが、括弧の中が男性の値。




関連記事


ダイエットの基本
本屋さんへ行くと、様々なダイエット関連の本を目にします。カロリーコントロールや ダイエットのハウツー本やら、皆さん関心が有る証拠。
ところで、ダイエットって、「辛い」とか「お腹が空く」とか思っていませんでしたか? その思いで途中で挫折した方や、躊躇している方もおいでの事でしょう。 肥満外来やエステに比較すると、少しだけ勉強する時間は必要です。 が、実りは大きいと思います。
女性の願望体重は理想体重より少ない
太ってしまう一番の原因は一言で表現すると食べ過ぎ。これでは無理。
消費カロリーに対して摂取するカロリーの方が多いと、余分なカロリーが脂肪として蓄えられる。飢餓時に備える為の身体の仕組み。
ダイエットして筋肉が落ちて代謝量が減った場合には、達成前と同じ様に食べていると太る。消費カロリーが減った分、摂取カロリーを減らすか、運動して消費カロリーを増やすかのどちらか。 ご飯1杯を運動で落すには大変なんです。だから、ダイエット管理では食事管理した方がズ〜っと楽。
体脂肪の合成と分解
合成の前に先ず材料。食べた脂肪分がそのまま脂肪細胞に取り込まれる訳では有りません。
材料は2種類で、1つ目がブドウ糖で2つ目が脂肪酸。
ゴハンやパンは腸でブドウ糖に分解されて血液中に吸収され、血糖と言います。この血糖、自分では細胞まで移動出来なくてGLUT4と言う輸送体によって脂肪細胞へ運び込まれます。 ところが、細胞にはブドウ糖を通過させない関所がある為、簡単には細胞内へは入れません。この関所を開けるのがインスリン。
体脂肪は病気の原因になる事も
体脂肪は体に必要で特に女性には重要な働きが有るのですが、多すぎると病気を誘発してしまいます。
脂肪は重要なものだからと言っても、限度を超えると様々な障害を誘発します。
ランゲルハンス島が関与する糖尿病もあります。インスリンは膵臓で分泌されますが、ここに障害が有ってインスリンが正常に分泌されなくなっても血糖値が上がります。
エステで必ず言うセルライト
いろいろな説が有りますが、医学的には単なる脂肪でセルライトという特別なものが有る訳では無い様です。
代謝も普通の皮下脂肪と何ら変りはなく、同じです。
脂肪細胞中の脂肪滴に油がたまっていますが、この脂肪滴、体積で100倍以上大きくなります。だから細胞1個が大きくなって、組織全体も大きくなる。
テニスボールをスーパーの買物袋にギュウギュウに詰め込んだら、外から触るとボコボコしてのと同じ理屈です。
部分痩せはできない
お腹の立派な男性がジムなどで良くやる部分。病院の肥満外来でも、お腹だけ細くならないかと尋ねる男性がいる様子。
男性の場合には、少し当たっている感じ。
部分痩せは、有酸素運動で体脂肪分布がどう変化するかと言う問題と関係。 この研究は、最近になって始められて、判って来たことです。
部分運動をしても、身体中の体脂肪が均等割合で使用。但し、男女差がある事も判明。