体脂肪の合成と分解


トップページ ⇒ ダイエットの基本 ⇒ 脂肪の合成と分解


ダイエットの基本

体脂肪の合成と分解

理想体重 ←|→ 筋肉のエネルギー源

エステ通いしている方や、病院の肥満外来でアドバイスを受けている方も、脂肪の合成や
分解の事を少しだけ知っておくと後々のストレスは少なくなると思います。




■ 体脂肪が合成される方法 ■

合成の前に先ず材料。食べた脂肪分がそのまま脂肪細胞に取り込まれる訳では有りません。
材料は2種類で、1つ目がブドウ糖で2つ目が脂肪酸。

ゴハンやパンは腸でブドウ糖に分解されて血液中に吸収され、血糖と言います。この血糖、自分では細胞まで移動出来なくてGLUT4と言う輸送体によって脂肪細胞へ運び込まれます。
記事1
ところが、細胞にはブドウ糖を通過させない関所がある為、簡単には細胞内へは入れません。この関所を開けるのがインスリン。

インスリンのおかげで細胞内に入ったブドウ糖は、脂肪酸とグリセリンに一旦分解。

分解されて出来た脂肪酸とグリセリンから脂肪が合成され、細胞内の油滴に溜まります。

正しいダイエットは油滴に溜まった脂を如何に使うかに掛かっています。


■ 肝臓でもブドウ糖を材料に脂肪合成 ■

肝臓でもブドウ糖を材料に脂肪が合成されています。出来た脂肪は血中に放出されて、酵素の働きによって脂肪酸に分解。この脂肪酸が脂肪細胞にとりこまれて脂肪に合成され、油滴に貯蔵されます。

ブドウ糖を材料にするルートは2つ有ることになります。

炭水化物の過剰摂取は邪魔と言う事です。


■ 脂肪酸が合成される方法 ■

肉や脂っこい物を食べた時に脂肪は、血中に取り込まれ、小さなボール状になります。
後は肝臓の酵素によって脂肪酸に分解されて細胞に取り込まれて脂肪に合成されます。

ダイエットするには、細胞に取り込まれなければOKと言う訳です。


■ 体脂肪が分解される方法 ■

脂肪細胞内では脂肪合成だけが行なわれているのでは有りません。分解もたえず行なわれていて、脂肪酸とグリセリンに分解され必要に応じて細胞外へ出て行きます。

脂肪は細胞内の油滴に溜まっていて、脂肪分解にはリパーゼという酵素が必要です。細胞内にあるのですが、油滴と出会えない様になっています。油滴表面に膜が有って接触出来ない様になっています。

この膜をこじ開けてくれるのが、ノルアドレナリンや副腎皮質ホルモンなどの働きです。

効率的な分解が必要になります。


■ ホルモン出すにはどうすれば良いか ■

ホルモン出すには中程度の全身運動は要ります。この位の運動の刺激が体に加わるとホルモンが分泌されて脂肪分解が促進されます。

だから中程度の有酸素運動が必要になります。

これは、脂肪分解・供給の側面。実際に使われるには筋肉の運動。そこに供給されるには中程度の運動による脂肪分解も必要になってくると言う訳です。

人体は、供給側と使用側がうまくバランスされた仕組みになっています。

全身運動が必要な理由です。