止めるべきは危険なダイエット


トップページ ⇒ ダイエットの基本 ⇒ 危険なダイエット


ダイエットの基本

正しいダイエットの基本

骨盤とは総称 ←|→ カテキンは農薬

■ 危険なダイエット法 ■

記事1 摂取カロリーと消費カロリーの収支決算でダイエットを行います。それ以外は怪しい・危険と思った方が間違い無いと思います。
常にこの事を基本にすれば、間違いは起こらないと思います。

代謝の話中で、生活代謝分は常に必要になります。
ダイエット中もこの生活代謝分のカロリーは摂取していないと、栄養不足で病気になりかねません。

「食べなきゃいいんでしょ」も危険な行為です。
生活代謝分は摂って、落としたい脂肪は有酸素運動で落とす、これが基本になります(生活代謝=基礎代謝×1.2)






■ 危険なダイエット例 ■

プロティンダイエット。
プロティンは蛋白質の事です。一時期流行りましたが、今も根強く紹介されています。

根拠となる言い分は、「蛋白質は運動のエネルギーとはならず、筋肉・骨・ホルモン等の材料になる」と言うもの。

これを逆手にとって、「だったら、必要な蛋白質だけ摂って、運動のエネルギーは体脂肪を使おう」というもの。


ところが、体は試験管内の反応の様には行きません。炭水化物を摂取しないと、生きる為に必要なエネルギーを炭水化物(ブドウ糖)と脂肪(脂肪酸)だけから得ることが出来なくなってしまいます。
人体の神秘で、こうなると、緊急事態の反応として蛋白質をエネルギー源として使用する様になります。

つまり、体を作ったり、ホルモンや血液を作る蛋白質が減ってしまう事態がおこり、健康に大きな害を与えてしまいます。だから、危険大変危険です。


炭水化物ダイエット。 これも根強く紹介されています。
これは上のプロティンダイエットの発展型。上の続きで言うと、「だったら、蛋白質摂取を抑えて、炭水化物を多くしてエネルギー得ればいいのでは」という論法。

これだと健康維持できなません。蛋白質を骨や筋肉に合成するのにもエネルギーが必要なことを無視しているのが問題点。

ダイエット中は痩せる為、エネルギー摂取量が普段より少なくなります。
だから、合成のエネルギーも減る事になってしまいます。

ダイエット中は、普段より蛋白質摂取量を増やしておく必要が有ります。
蛋白質をエネルギー源として使用する体の反応が起こるから、それに予め備えておく意味合いです。


蒟蒻ダイエット等。カロリー少ないものでお腹満たして食べた気にする方法も危険です。

これ等の間違いは、生活代謝すら維持できない点。生活代謝どころか基礎代謝分も賄えない。寝てるだけでも必要な生きる為の最小限の基礎代謝も、全代謝の70%です。この方法は余りにも無茶で危険です。


■ サプリについて ■

ダイエット効果の一面だけを見ているのが問題です。効果無い怪しいものも、又沢山あるます。
例えば、脳の満腹中枢を刺激して満腹感を得るタイプ。

これは、基礎代謝すら賄えないので非常に危険な方法です。
それに中枢刺激と言っても、他にどんな作用を与えるか全く不明で、単に満腹中枢刺激の1点しか見てない様です。

新薬開発に数十年かかる理由の1つは、他の影響ないか、臨床などで慎重に色々調べるからです。
何十年も経って、解ってきた薬害もあります。だから慎重にも慎重でないといけないと思います。

サプリは栄養補助食品で薬では無いけど、この事を十分踏まえる必要有ると思います。
何十年後かに害が解っても、その時はもう手遅れです。