脂肪細胞の増殖


痩身エステを比較 ⇒ ダイエットの基本 ⇒ 脂肪細胞の増殖


ダイエットの基本

脂肪細胞の増殖

病気原因の体脂肪 ←|→ セルライトの正体

ダイエット エステで食事アドバイスをしてくれるところがあります。
特に医療系と連携しているエステでは、脂肪細胞の増殖の仕組みを元にした食事アドバイスになっています。

勿論、病院のダイエット外来も同じです。

ドーシテ邪魔な脂肪が付いてしまうのか。ここにもインスリンが関与しています。

インスリンが一気に分泌しなければ、脂肪蓄積が起こらない事は解ってきているのですが方法が未解決です。

早く! 誰か! 先生! 見つけて下さい!





■ 体脂肪が増え続ける仕組み ■

体脂肪は2種類あります。白色脂肪細胞(WAT)と褐色脂肪細胞(BAT)です。WATは全身に分布していて脂肪を沢山蓄えています。単に脂肪細胞とか脂肪と言ったらWATを指します。

一方、BATは場所が限定されていて、子供には多く、成人になると減少します。。
白色脂肪細胞は成人後も増え続けます。

WATの主な役割は産熱、つまり体温を作ることです。



■ WATが増え続ける仕組み ■

学問的には脂肪細胞も筋肉や骨と同じ中胚葉に由来して発生します。発生学の分野になります。脂肪が他と大きく違うのは、運動とか食べ物の摂取などの環境要因が形成を制御していることです。

他の細胞は人間の発育時という限られた期間で形成されます。脂肪はこれとは少し違います。
運動とか食べ物によって一生形成されます。厄介でもあります。



■ だから、太り続けてしまう ■

WATの増殖の仕方ですが、凡そ4段階です。

  @ 未分化の細胞が形成される。何になるか決まる前の細胞です。
  A この細胞が増殖して増える。
  B 脂肪細胞へと分化する。
  C この細胞に脂肪が蓄積して成長する。

@とAが重要になります。倍倍で増えます。

細胞分裂のある時期に特定の増殖因子が関与している事がマウスなどの実験で明らかになっています。



■ 未分化細胞が増殖して増える ■

@Aを前駆脂肪細胞、増殖因子を前駆脂肪細胞増殖因子と呼んでいます。
単語くっ付けただけです。
動物実験では増殖因子は他の細胞、つまり脂肪以外の細胞には作用しない事もわかりました。

この段階、つまり@、Aはまだ未分化段階ですから、WATではありません。未分化段階です。



■ 一体、何故脂肪細胞が増える? ■

増殖因子で増えるのはA段階です、未だ脂肪と決まってない段階です。
何へ分化するかのスタンバイの状態です。
この段階で脂肪分化へのスイッチが入ってしまうと一気に増えるます。



■ スイッチを入れてしまうもの ■

何へ分化するかのスタンバイの状態で脂肪分化へのスイッチを押すのがインスリンです。
インスリンは血液中の糖が増えると、強い反応を示すホルモンです。



■ インスリンが強い反応しなければ簡単には増えない ■

反応しない良い方法が見つかり解明されれば、肥満の科学的な予防や治療に役立つと事になります。



■ 現時点ではまだ無理 ■

現時点では方法も見つかっていません。仮に見つかったとしても、医学的に他への影響の研究も必要になり、安全が確認されてからようやく応用になります。簡単に行く方法は有りません。

しかし、これらの事実は肥満防止の大きなヒントを与えて呉れています。

暴飲暴食や過食、寝る前のドカ喰い。これらがインスリンを刺激しますから、一気にスイッチが入ってしまいます。

これを止めれば、スイッチがたやすく押されなくなるわけです。

解りました。 一刻も早く解明して下さい。

関連記事


ダイエットの基本
本屋さんへ行くと、様々なダイエット関連の本を目にします。カロリーコントロールや ダイエットのハウツー本やら、皆さん関心が有る証拠。
ところで、ダイエットって、「辛い」とか「お腹が空く」とか思っていませんでしたか? その思いで途中で挫折した方や、躊躇している方もおいでの事でしょう。 肥満外来やエステに比較すると、少しだけ勉強する時間は必要です。 が、実りは大きいと思います。
女性の願望体重は理想体重より少ない
太ってしまう一番の原因は一言で表現すると食べ過ぎ。これでは無理。
消費カロリーに対して摂取するカロリーの方が多いと、余分なカロリーが脂肪として蓄えられる。飢餓時に備える為の身体の仕組み。
ダイエットして筋肉が落ちて代謝量が減った場合には、達成前と同じ様に食べていると太る。消費カロリーが減った分、摂取カロリーを減らすか、運動して消費カロリーを増やすかのどちらか。 ご飯1杯を運動で落すには大変なんです。だから、ダイエット管理では食事管理した方がズ〜っと楽。
体脂肪の合成と分解
合成の前に先ず材料。食べた脂肪分がそのまま脂肪細胞に取り込まれる訳では有りません。
材料は2種類で、1つ目がブドウ糖で2つ目が脂肪酸。
ゴハンやパンは腸でブドウ糖に分解されて血液中に吸収され、血糖と言います。この血糖、自分では細胞まで移動出来なくてGLUT4と言う輸送体によって脂肪細胞へ運び込まれます。 ところが、細胞にはブドウ糖を通過させない関所がある為、簡単には細胞内へは入れません。この関所を開けるのがインスリン。
体脂肪は病気の原因になる事も
体脂肪は体に必要で特に女性には重要な働きが有るのですが、多すぎると病気を誘発してしまいます。
脂肪は重要なものだからと言っても、限度を超えると様々な障害を誘発します。
ランゲルハンス島が関与する糖尿病もあります。インスリンは膵臓で分泌されますが、ここに障害が有ってインスリンが正常に分泌されなくなっても血糖値が上がります。
エステで必ず言うセルライト
いろいろな説が有りますが、医学的には単なる脂肪でセルライトという特別なものが有る訳では無い様です。
代謝も普通の皮下脂肪と何ら変りはなく、同じです。
脂肪細胞中の脂肪滴に油がたまっていますが、この脂肪滴、体積で100倍以上大きくなります。だから細胞1個が大きくなって、組織全体も大きくなる。
テニスボールをスーパーの買物袋にギュウギュウに詰め込んだら、外から触るとボコボコしてのと同じ理屈です。
部分痩せはできない
お腹の立派な男性がジムなどで良くやる部分。病院の肥満外来でも、お腹だけ細くならないかと尋ねる男性がいる様子。
男性の場合には、少し当たっている感じ。
部分痩せは、有酸素運動で体脂肪分布がどう変化するかと言う問題と関係。 この研究は、最近になって始められて、判って来たことです。
部分運動をしても、身体中の体脂肪が均等割合で使用。但し、男女差がある事も判明。