腸リセットの具体的方法


痩身エステを比較 ⇒ 簡単!肥満&冷え解消 ⇒ 腸リセット(方法)


肥満&冷え解消

腸リセットの方法

腸リセット(目的) ←|

腸リセット手順
腸リセットには1週間かかります。都合の良い日を選んで下さい。

◆ 第一日目の内容 ◆

この日は食事はせず腸を休ませます。ジュース・水で水分補給だけは行ってください。 こうする事で腸を蘇らせます。

塩類下剤で便を出し切りますので、外出は出来ません。
結果的に第一日目は休日になると思います。

1.塩類下剤を飲んで便を出し切る

通常の便秘薬では体に負担がかかる為、必ず「 塩類下剤 」を使い水を1〜2リットル飲みます。

・塩類下剤は朝起きて空腹時に飲みます。ポイントです。
・飲んだ後は1〜2リットル程度の水を飲んで下さい。
・塩類下剤はドラッグストアにあるます。スラーリア、3Aマグネシアなど。

 2.ビフィズス菌製剤を飲む

・便が出きった状態の判断は、5〜10回程度排便です。
・この時点で、ビフィズス菌製剤を摂取します。分量は製剤の指示書通りに。
・市販のビオフェルミンなどで構いません。

 3.ジュースを飲んで、腸内ビフィズス菌を増やす

・ビフィズス菌製剤を飲んだら5時間空けてジュースを飲みます。
・ビフィズス菌を活性化するのが目的。市販のジュースで構いません。
にがり数滴加えるのも効果的です。

これで、腸が休まり、さらに腸内ビフィズス菌が活性化されます。


◆ 2〜7日目の内容 ◆

この日の内容は腸リセットの食材を取り入れた食事と、ビフィズス菌製剤を摂るするだけです。
食事の制限や外出の制限はありません。

1.腸リセット食材

食物繊維、オリゴ糖、オリーブオイル、ミネラルウォーター(硬水)を食事に取り入れます。
 例 )
・食物繊維(25g程度/日)海草などの水溶性食物繊維も忘れずに摂ります。
・オリゴ糖( 5g程度/日)できたら粉末状のピュアなものが良いです。
・オリーブオイル(30ml程度/日)直接飲むにも有りです。

2.ビフィズス菌製剤

この期間中もビフィズス菌製剤は飲んで下さい。

この食事内容は習慣化すると便秘対策にベストです。

それでも、また便秘になってしまったら、腸リセットを再度行って下さい。

効果は相当あります。お腹周りがサイズダウンして、パンツやスカートのサイズが合わなくなる筈です。
その準備もしておいて、慌てない様にして下さい。


関連記事


リンパマッサージが有効
今は大抵の痩身エステでリンパマッサージのよるムクミ対策をして貰えます。
自宅でもコツを覚えれば簡単にできます。痩身法で人気の方法。
むくみの原因は心臓、肝臓、腎臓、甲状腺などの病気によるもの、塩分の摂り過ぎによるものなど 原因は多岐に亘ります。この場合には病院での治療が必要。
健康で病気でない女性のムクミの原因は静脈血や水分の滞留が主なものです。
この場合の痩身対策にはリンパマッサージが大変有効ですので、下図を参考に行って下さい。
冷えタイプ別の対策
冷えタイプ別の対処法です。冷え対策すると代謝があがり、又便秘にも良いと言われています。
方法はいずれも簡単ですので、実行して見て下さい。
◆ 四肢末端タイプの冷え解消法
◆ 下半身タイプの冷え解消法
◆ 内臓タイプの冷え解消法
便秘で疲弊した腸をリセット
便秘に悩む女性は多く、さまざまな生活習慣病の元と言われています。
肥満や冷えに悩む女性が、また便秘にも悩んでいる割合は高いとも言われています。
また、停滞した便は腸内で発酵・腐敗が進み、アンモニア、インドール、トリプタンなど有害物質を発生 させて腸の免疫力を低下させるだけでなく、体内に吸収されて、病気の原因に成ったりします。
また、市販の便秘薬の多くはアロエ・センナ・ダイオウに含まれているセンノシドやバルバロインの下剤 成分の作用により強制的に腸の蠕動運動を起こさせて排便させます。
腸リセットの方法
腸リセットには1週間かかります。都合の良い日を選んで下さい。
◆ 第一日目の内容
1.塩類下剤を飲んで便を出し切る
2.ビフィズス菌製剤を飲む
3.ジュースを飲んで、腸内ビフィズス菌を増やす
◆ 2〜7日目の内容
1.腸リセット食材を摂る
2.ビフィズス菌製剤を摂る