深層筋エクササイズで痩身


痩身エステを比較 ⇒ 簡単!肥満&冷え解消 ⇒ 深層筋エクササイズ


肥満&冷え解消

深層筋エクササイズで、痩身体質

骨盤調整エクササイズ ←|→ 冷えのタイプチェック

 ◆ ぽっこりお腹型タイプの対策 ◆

 このタイプの方は骨盤底筋や大腰筋などの弱さが原因で内蔵下垂が起き易いのが特長です。
 内蔵脂肪が多いのも特長です。

 また、内蔵下垂は便秘の原因にもなる為、深層筋を鍛えると便秘解消にもなり、又内蔵脂肪
 の付きにくい体質になります。 使う筋肉の範囲が増え代謝がアップするため、効果的痩身
 にも良いエクササイズです。

 下の図にはスクワットは入れていませんが、ユックリした動作のスクワットも有効です。


 腹筋エクササイズ
クランチ


・通常の腹筋運動ですが腰を傷めません。
・膝を立てて、お臍を見る程度に上体を起こすだけ。
・キープ10秒。
・10セット程度行ないます。
このエクササイズで腹直筋を集中して鍛えます。
通常の腹筋運動の様に腰を傷めることが有りません。


 フライングドッグ
フライングドッグ

・四つんばいになります。
・そのまま左手・右脚を水平にキープ10秒。
・同様に右手・左足を水平にキープ10秒。
・10セット程度行ないます。
この方法は、お尻から太ももまで下半身のメリハリアップにも有効。
バランスをとりながら行って下さい。


 ヒップリフト
ヒップリフト

・膝を立てて、仰向けに寝ます
・そのまま、腰を浮かせます。
・キープ10秒。
・10セット程度行ないます。
おなかの筋肉を鍛え、引き締めるエクササイズです。
おなかに意識を持って行くと、動作とイメージが沸きます


 ヒップレイズ
ヒップレイズ

・仰向けに寝て、図の状態を作ります。
・そのまま、脚だけを左に倒し。
・次に右に倒します。
・10セット程度行ないます。
このエクササイズで骨盤力を強化できます。



関連記事


太ってしまう一番の原因
一言で表現すると食べ過ぎ。 消費カロリーに対して摂取するカロリーの方が多いと、余分なカロリーが脂肪として蓄えられる。飢餓時に備える為の身体の仕組み。
消費カロリーが減った分、摂取カロリーを減らすか、運動して消費カロリーを増やすかのどちらか。
安全なダイエット計画は上の事を考慮して次の様に作成します。
目標とする体脂肪率を何%にするかを決める。 体脂肪量を何キログラム落とすのかを計算する。 落すべき脂肪をを燃焼させるエネルギーの総量を計算する。ダイエットを行う全期間(時間)を決める。
具体的なダイエット詳細計画の作成方法です。
詳細計画で減量目標は多すぎると危険です。多くても2〜3kg/月を目標にするのが安全です。
又、余分に消費するカロリーは1日200kcal以上を目標にします。
いろいろな説が有りますが、医学的には単なる脂肪でセルライトという特別なものが有る訳では無い様です。
代謝も普通の皮下脂肪と何ら変りはなく、同じです。
セルライトッて言う言葉、エステサロンでは大好きな言葉らしいです。
色々ダイエットに挑戦して挫折・リバウンド経験の有る方、”ひもじい”思いをした筈。
多分、方法が良くなかったと思います。 正しい痩身法は「ひもじく」は無い様です。一度、行なった方法と比較を!
痩身エステのプロと二人三脚で「ひもじく」無い方法に挑戦して下さい。