痩身エステ 効果


痩身エステを辛口比較


ランキング

エステ詳細

リンク集

痩身エステで効果を最大に引き出す為に!


痩身エステの効果に疑問を持った方達の体験。

「 時間を費用を掛けて痩身エステ通いをしたのに、チットモ効果が出てこない」 この様な経験をした方も多いと思います。

痩身エステで効果がイマイチ、と感じてしまう事柄のベスト4は以下です。

  下半身の痩身エステだったのに、上半身の方が痩せてしまった。

  お腹、二の腕の痩身エステコースなのに、全体が痩せてしまって効果が感じられない。

  脚のセルライト集中アタックコースで、その場は良いのだが、直ぐ元に戻ってしまった。

  痩身エステ通いと併行して、毎日ウォーキングと食事制限したが効果が出ない。


病院の肥満外来の先生にお伺いすると、熱心に痩身(ダイエット)を実行しながらも効果の出ない方や挫折した大勢の方が相談に訪れるそうです。

「 もっと、簡単で効果的な事が有るのに・・・」 とは、先生の言葉です。


  茶碗1杯分のご飯のカロリー消費には速足ウォーキング40分必要。

  お腹だけ、下半身だけ、つまり部分痩せは出来ません。

  セルライトという物は有りません。

  健康な女性の脚が太い一番の原因は、脚の静脈血滞留。


 痩身エステの効果を最大限得るには、上の事を少しだけ知る必要もある様です。


 内容は簡単ですので、肥満外来で伺った内容を要約して、3章・4章に掲載しています。

 時間と費用を掛けて痩身エステを計画している方は、事前に目を通される事をお奨めします。
 キット、痩身エステの効果が得られる事と思います。




あなたに合った痩身エステはここ!


先ずは5章でタイプを判定して下さい。
肥満タイプには大きく分けて4タイプ有ります。

●  脂肪タイプ(脂肪太り)

 文字通り、脂肪蓄積で太っているタイプ

●  むくみタイプ(水太り)

 塩分過多で塩分濃度を一定に保つ為に細胞間組織に水を蓄えている。
 立ち仕事・座りで脚を動かさない為、下半身に静脈血やリンパ液が滞留

●  骨盤タイプ(内蔵太りや姿勢不良)

 骨盤の歪みが原因で必要な筋肉を使用していない。

●  ポッコリお腹タイプ(内蔵太りや姿勢不良)

 骨盤タイプが原因で下腹がポッコリしているタイプ


◆  各タイプにフィットしているエステサロン

痩身エステサロン・特長 向いている人
ミスパリダイエットセンター
ヒップから下の集中トリートメント
ハンド+ミリオンウェーブ(機械)
施術はなり強め。押したり揉んだり
水分排出(むくみ解消)なので即効性はあるが、又すぐに戻るのが難点
脂肪・むくみタイプ
ソシエ
カウンセリング&チェックから入るカウンセリンを先ず行う
基礎代謝測定やボディチェックが先。その人に合ったプランを作成
人それぞれ特質がある為、機械では無理との考えからハンド主体
セルフケアアドバイスが特長
脂肪・むくみタイプ
たかの友梨ビューティクリニック
ダイエットが中心。その一環として美脚エステ部分痩せコース
設備と技術・接客の良さがポイント
マシン+ハンド主体。サロンでの食事などのアドバイスを元にセルフ対策が必要
夜8時まで営業
脂肪・むくみタイプ
ラ・パルレ
理論も施術も本格な美脚エステ。骨盤周りを調整して代謝アップ
骨盤筋を鍛えて代謝アップ。結果、脂肪蓄積減少
O脚に悩む方にはピッタリ。かなり調整される
マシンとハンドの組み合わせ
骨盤・ポッコリお腹タイプ
スリムビューティハウス
骨盤ダイエット脚痩せコース「太もも」「お尻」「腰回り」が主体
体幹に着目している点が特長。普段使われない筋肉を使う
O脚に悩む方にはピッタリ。かなり調整される
骨盤・ポッコリお腹タイプ
シーズラボ
最もフィットしたオーダメイド痩身エステ。
強みはメディカルグループの一員としての医療的なバックボーンエステ。
脂肪・むくみタイプ
エルセーヌ
ヒップ・両太もも・両ふくらはぎ・両足首のサイズダウンが主体
ハンド+マシンだがハンドの評判も良い
カジュアルで値段が安いにが特長
脂肪・水太りタイプ

関連記事


太ってしまう一番の原因
一言で表現すると食べ過ぎ。 消費カロリーに対して摂取するカロリーの方が多いと、余分なカロリーが脂肪として蓄えられる。飢餓時に備える為の身体の仕組み。
消費カロリーが減った分、摂取カロリーを減らすか、運動して消費カロリーを増やすかのどちらか。
安全なダイエット計画は上の事を考慮して次の様に作成します。
目標とする体脂肪率を何%にするかを決める。 体脂肪量を何キログラム落とすのかを計算する。 落すべき脂肪をを燃焼させるエネルギーの総量を計算する。ダイエットを行う全期間(時間)を決める。
具体的なダイエット詳細計画の作成方法です。
詳細計画で減量目標は多すぎると危険です。多くても2〜3kg/月を目標にするのが安全です。
又、余分に消費するカロリーは1日200kcal以上を目標にします。
いろいろな説が有りますが、医学的には単なる脂肪でセルライトという特別なものが有る訳では無い様です。
代謝も普通の皮下脂肪と何ら変りはなく、同じです。
セルライトッて言う言葉、エステサロンでは大好きな言葉らしいです。
色々ダイエットに挑戦して挫折・リバウンド経験の有る方、”ひもじい”思いをした筈。
多分、方法が良くなかったと思います。 正しい痩身法は「ひもじく」は無い様です。一度、行なった方法と比較を!
痩身エステのプロと二人三脚で「ひもじく」無い方法に挑戦して下さい。